副作用が少ないフィナステリドはまれに性機能の低下を招くことも

はげ始める男性

AGA治療薬であるフィナステリドは副作用が少ないとされている医薬品ですが、薄毛の治療においても高い効果を発揮することがわかっています。その副作用はかゆみやかぶれ・頭痛の他に性欲減退や勃起不全などの男性機能へ影響を及ぼすことがあります。これらの症状が起こるのは確率から考えて、全体の1?2%なので必要以上に心配する必要はないとされます。一般的な風邪薬を服用しても、副作用は3%くらいの確率で起こるとされているからです。実際にAGA治療薬の副作用はどれくらいの確率で起こるのかを検証したところ、90%もの人が副作用は起こらなかったとしています。副作用が起こった10%の人にはかゆみやかぶれ、頭痛やめまいなどの軽症しか起こっていないことがわかります。男性型脱毛症と言われるAGAは進行性の薄毛ですが、成人男性の4人に1人が発症するとされている身近なものです。加齢現象の一つとして諦めていた人も多いですが、現在は有効性の高い治療薬が登場したため改善が現実的なものになっています。専門クリニックなどで処方される代表的な治療薬であるフィナステリドは、抜け毛を防ぐ働きがありそれと併用する形で、髪の毛を増やす効果があるミノキシジルと一緒に処方されることもあります。

フィナステリドはAGA治療薬に含まれている、抜け毛を防ぐ成分で副作用は男性機能への影響が書かれています。これは抜け毛の原因になるジヒドロテストステロンを抑制し、抜け毛を防ぐ働きがあるからです。この男性ホルモンの生成を抑えるため、同じ男性ホルモンが関係している男性機能に影響があります。フィナステリドは抜け毛の原因でもある男性ホルモンを抑制し、抜け毛を防ぐ働きがあるからです。男性ホルモンの生成を抑えることで、男性機能に影響を及ぼす可能性が出てきます。しかしこのような副作用が起こる確率はごくわずかで、非常に低いので過剰に心配するほどではありません。また男性機能の副作用に関しては精神面も大きく影響しており、心配性な人や精神的なストレスを抱えている人は副作用が出る可能性も高まります。あまり考えすぎないことが大切ということもあり、効果と副作用など効き目が実感できるまでストレスのない状態を保ちます。また薄毛の原因にはストレスも関与しているので、リラックスした気持ちでフィナステリドを服用していくことが推奨されます。副作用が出たとしても軽症の可能性が高いですし、そこまで心配をする必要はありません。