プロペシアは若い世代のAGAにも効果的

髪を気にする男性

若年性脱毛症は、若年層で起こる脱毛症のことですが以前は脱毛をする年代は40?50代の人に起こるも落とされていました。最近は、この若年性脱毛症の人が多く、20?30代の人でも起こる可能性が高くなっています。もし20代で薄毛の症状が出てきた場合は、プロペシアなどでAGA対策を行うことが早期治療になります。AGA症状に関与するのは男性ホルモンでもあるテストステロンで、脱毛の症状は様々ですが多くの場合はAGAが原因であることが多いです。この症状はテストステロンが酵素により変換され、ジヒドロテストステロンができ発毛を阻害します。若い世代が脱毛症になるときは、他の人より男性ホルモンがジヒドロテストステロンに変換されやすい体質であることが言えます。頭皮環境が悪化したり、不規則な食生活・睡眠不足によって起こるとされていて、様々な要因が複合されて脱毛の原因になっています。25歳くらいの若い人はシャンプー剤は清涼感のあるメントール入りなど、刺激が強めのものを選択しがちですが、これは頭皮を傷める原因になり強すぎるものは控えます。またファッションとして過剰にカラーリングをしたりすることも、髪の毛や頭皮自体に悪影響を及ぼす可能性があります。

ありがちなのが帰宅が遅くなり、お風呂に入ることなく整髪料などをつけたままで寝ると毛穴がつまり、これが抜け毛の原因になります。不規則な食生活・睡眠不足により薄毛が進行することもありますし、髪の毛の成長ホルモンが分泌されるのは夜の10?深夜2時までの間です。この間に睡眠をとることにより、必然的に髪の毛も成長することになります。20代のときは若さゆえ遅くまで夜更かしをしていたり、睡眠時間が短く不規則な生活になることがあります。あまり体に負担も感じないため、このような生活が継続されがちです。しかし不規則な食生活・栄養バランスが崩れることで髪の毛の成長も阻害されます。特に脂質が多い食事をステイルと、頭皮に皮脂の分泌が多く見られ毛穴の汚れにもつながり抜け毛を促進させます。シャンプー剤を変えたり、食生活・睡眠の質などをよく見直すことが、発毛に変化を与える方法です。また発毛をさせるにはAGA専門クリニックで薄毛治療を行う必要があり、症状の把握をするところから始めます。薄毛の改善をして、発毛を促すためには、生活習慣を見直しプロペシアという治療薬で治療を開始します。体質で副作用が出ることもあるので、必ず専門クリニックで処方してもらったほうが安全です。