フィナステリドを含有する最安ジェネリック医薬品フィナロで長期にAGA治療

髪に落ち込んでいる男性

フィナロはフィナステリドを配合している、AGA治療薬の最安ジェネリック医薬品です。インドに拠点を置く製薬会社が製造販売をしており、プロペシアと同様のフィナステリドを有効成分にしています。フィナロは知名度や人気はそこまで高くないとされますが、AGAの治療薬でフィナステリドを使用している場合は毎日1錠ずつ服用する必要があります。年間で考えると365錠必要ですが、国内の新薬であるプロペシアは相場が1錠あたり250円なので1年間で91,250円ものコストがかかります。これに対してフィナロは1錠あたり18?21円になるので、年間で6,570円~7,665円までコストを抑えることができます。これだけコストに差があり同様の成分、フィナステリドを使用しているとすれば安い方を選択することは仕方ないことかもしれません。ネットを利用して個人輸入の通販で購入することができますが、実際にはフィナロの偽物も多く出回っているので注意は必要です。

フィナロは1箱100錠の製品がスタンダードとされていて、通販サイトによって販売価格に差があるのでいくつかのサイトを比較しながら最安で購入することもできます。プロペシアを開発した会社が特許をとることで、20?25年間はその会社が独占的に製造や販売をすることができます。この特許が切れた時点で、開発した会社や別の会社が同様の有効成分を使い、製造・販売をすることができ、その薬がジェネリック医薬品でフィナロになっています。開発にかかっている期間は新薬の場合、9?17年とされていて、それに比べるとジェネリック医薬品はすでに新薬が有効性・安全性を確認しているため3?5年の間で開発されます。期間が短いのでそれだけ開発にかかるコストも大幅に抑えることができますし、新薬の価格の20?50%の間で価格設置しているので、かなり安く入手することができます。その安さとは裏腹にジェネリック医薬品は厳しい規制や基準をクリアして開発・製造されており、国の厳しい審査をクリアした上で新薬と同等の効果や安全性・品質であることが確認されて初めて市場に出てきます。新薬と同等の効き目があるかどうかを確かめるために、たくさん試験を行うことが義務付けられています。同じ有効成分の薬が同じように溶けることで、同じように収集されながら同じ効果が確保されるかということです。プロペシアとジェネリック医薬品の溶出試験も行い、品質を保っていることもあり安心して服用することができます。